三宮の風俗求人に応募して兼業

三宮の風俗求人に応募して兼業を行う女性

このテキストは三宮風俗の求人に応募し、他の仕事をしながら風俗でも働く女性から聞いた話をもとに書いています。

普段の仕事終わりに風俗で働く

三宮風俗求人に応募し事務員と風俗店の掛け持ちで働いているという女性は、基本的には平日の仕事が終わった後の時間で働くことが多いようです。彼女の普段の仕事時間は午前9時から夕方17時まで。基本的な仕事をこなすだけという事務員の仕事のため、急な残業はほとんどなく17時になったと同時に帰宅できるといいます。

彼女の会社から風俗店のある三宮までは電車で30分ほど。三宮は会社から自宅の真ん中辺りにあるため、仕事が終わった後に仕事をするのに適した街だといえます。そんな彼女は基本的には平日の仕事が終わり、簡単な食事をした19時頃から終電が出る23時過ぎくらいまでの間というスケジュールで週に4日ほど働いています。また事務員の仕事がない土日祝は、心身ともにしっかり休みたいので基本的には出勤しないようです。

三宮風俗求人応募後に出張面接


求人に応募したときはお店の待遇を活かして、出張面接をしてもらったといいます。彼女にとって三宮は会社と自宅の真ん中にある街ですが、初めて風俗で働くということもあって事務所に行くのは不安だったようです。ただ会社や自宅の近くで知り合いにばれるのも嫌だったので、自宅から2つ離れた駅のファミレスを指定。そのときのスタッフがしっかり対応してくれたので、今のお店で働くことを決めたといいます。

三宮風俗求人に応募した目的は「お金を稼ぐ」ため。彼女は事務員として安定した生活を送っていましたが、給料は安く生活するだけでいっぱいいっぱいという状況。最初はPCを使ったライターなどの副業も考えましたが、仕事量に比べ給料が安いものが多かったので断念しました。そこで短時間で効率良く稼げる風俗の仕事を選んだのです。

稼いだお金は食事や服に使う


現在風俗で稼いだお金の多くは、貯金ではなく食事や服などに使っているといいます。彼女にとってストレスになっていたのは、同年代の若い女性のようにオシャレができないこと。そのため三宮風俗求人に応募したときから、お金を稼いでオシャレをしたいと考えていました。オシャレをする・良いものを食べるといった生活を楽しめるのはある程度若いときだけという考えのため、風俗で稼いで自分が若いときの生活を思い切り楽しみたいと思っているようです。