姫路風俗求人と稼ぐ女性について

風俗店は限られた出勤日時で多くのお金を稼げるため、若い女性にとっては嬉しい職場であると言える。ただそれも歩合給となってくるため、最初はお客に指名してもらいその後少しずつでもリピーターを増やしていく必要がある。風俗店では一日中控え室で待機していても、3~4時間だけ出勤しても付いたお客の人数が同じなら給与も同じということ。それだけに風俗店で安定した給与を獲得するには、お客を虜にして何回でも通ってくれるようにすることが必要だ。

風俗嬢の中には他の女の子に比べ限られた出勤日時であるのにも関わらず、指名ランキング上位に来るような人もいる。ではそのような女の子はどのような特徴があるのであろうか。

風俗店はお店によって金額は異なるが、女の子と一度遊ぶだけで1万円以上かかる場合が多い。ソープ店では中堅店でも3~5万ほど、高級デリヘルでもそれと同等かそれ以上の費用がかかる。それだけに遊んだ女の子には、その金額かそれ以上のお金をかけてエッチなことをする価値があるかどうかが問われてくる。ただそれはお客の好みやお店の価格など総合的なもの。そのためそこまで金額がかからないお店であれば良いが、高級店の価格で遊びたいと思わない女の子も少なからず存在する。それだけに元々高級店に在籍しながら、リピーター客を獲得するため大衆店や中堅店に移籍する女の子もいるようだ。ここから考えても高級店で指名がないより、大衆店や中堅店で人気嬢になった方が稼げるということなのだろう。上記のようなことから男性客は、在籍しているお店の金額以上の女の子に高評価を下す。そしてその評価は女の子の給与を決める大事な要素となるようだ。

では男性客はどのような女の子ならまた来たいと思うのであろうか。私が知っている中堅ソープ店の人気嬢を例にとって考えてみようと思う。まず彼女はルックス・スタイルのレベルが高い。彫りが深くはっきりした美人顔で、胸もツンと上を向いた美乳でくびれがありお尻もプリンとしていて張りがある。好みによって分かれると思うが、外見だけでも十分中堅店のレベルより上にあるように思える。そして性格は落ち着きがあり穏やか。自分から色々話をするのではなく、上手に会話を引き出し必要があれば話しを付け加えるので話をしていて心地良い。それはまるで高級クラブのママのようだ。あとはエッチをする際の感度やテクニック。エッチを行うときの感度が良く、身体をくねらせ色っぽい声を出しながら存分に感じてくれる。キレイな顔をしておりスタイルも抜群の彼女なだけに、その感じ方を見たときの興奮度も高い。大人の色気もあわせ持っている彼女は、それを使いながらお客のアソコを大きくするのが上手い。そのため時間内にしっかり彼女とのエッチが楽しめるのだ。またマット・フェラ・手コキなどのテクニックにも優れ、M気質の男性客も十分に楽しむことのできるテクニックを持っている。このように彼女の場合は風俗嬢に必要な様々な要素を高いレベルで持っており、中堅ソープ店の価格以上の価値を持った女性であると言えるだろう。そのように考えている男性客が多いため、彼女は予約しても大抵全ての枠が埋まっているほどの人気ぶりだ。そして彼女の場合はそんな状況が分かっているのか、ブログなどでも少し先の出勤情報をしっかり告知する。人気嬢になれば特に何もしなくても、多くのリピーター客が彼女の出勤にあわせてお店を訪れるということだ。

ただ風俗嬢は彼女のように総合的に優れた女の子ばかりではない。中には身体がぽっちゃりしている・性格があまり良くない・感度が悪く感じないなど短所を持っている女の子も少なくないだろう。そこで風俗で稼ぐために必要なことは、自分を良く知り自分を活かせるお店を選ぶこと。欠点は少ないがいまいち人気の出ない女の子は、今の価格帯よりも低いお店に行けば人気を獲得することができるかもしれない。またぽっちゃり・痩せすぎ・胸が大きすぎるといった特徴がある人は、専門の風俗店で働いてみるのも良いだろう。専門店であれば偏った好みのお客も多いため、他の女の子に負けないだけの身体的特徴のある人はそこで人気を獲得できるかもしれない。またお客を見下してしまうような性格であればM気質の男性客が多いSM店、感度が悪いなら相手に攻められることがない性感マッサージなど自分に合ったお店を見つけると良いだろう。またある程度の巨乳でありながら全体的に太くないといった女性が、巨乳専門店で人気を獲得できることもある。だからこそ風俗嬢として稼ぐには、自分の特徴を理解した上でそれを活かせるお店を選ぶことが必要となる。ただそれは難しいことであり時間もかかることだ。そのため風俗で稼ぎたいという女の子はお客に何気なく自分について聞いてみる、働く範囲を伸ばして風俗店を探すといった努力も必要かもしれない。

こういったことも頭に入れて、良い姫路風俗求人を見つけると良いだろう。